私の一番の味方は〇。by宇宙銀行ADめぐちゃん

こんにちわ(*^。^*)  

宇宙銀行アドバイザーのめぐちゃんです

5月も終わりに近づきもう今年も半分にさしかかろうとしていますね

そう思ったらちょっと焦ってしまったりしますね

あれもしなきゃこれもしなきゃ ってね(≧▽≦)

そんな時は大きく深呼吸して、自分の体に意識を戻すといいですよ


ToDoリストがいっぱいなのは、それだけの器があるからだ!

と、私は自分に言い聞かせています

 

今日は”私の一番の味方は私”ということについて書いてみようと思います

 

みなさんは自分の味方になれていますか?

どんなにダメな自分にも、理想の自分じゃなくても

今の自分、間違いをおかした過去の自分にも味方でいられていますか?

前回のブログに続くお話になるのですが、実家との関わり方、両親との関わりが楽になったきっかけになったのは

”私が自分の味方になれた”事によるものでした。

 

私は完璧主義ではありませんが、理想とする自分の姿はなんとなく持っていたように思います

笑顔を絶やさず周りの人と共感していける自分

誰かをいつも気にかけ助けられる自分

親孝行な娘である自分

前向きな自

他にもいろいろありました

 

理想を持つことは素晴らしい事ですけれど、私の場合その理想と違った自分を見つけるとひどく落ち込む癖がありました

前向きじゃないとつまらない女だなあとか

この年になって実家に行くのが嫌なことだなんて、恥ずかしくて人に云えませんでした(≧▽≦)

自分から湧き上がる自然な気持ちを受け入れず、常識や善悪でジャッジしていたんですね

 

自己否定を続けていると、現実でも周りの人から否定されているような気持ちになります.

 

そしてとうとう頭の中で常に自分を否定する声が聴こえるようになり、

ウツ病になったのではないかと本当に危機感を持ちました

 

このままでは私自身や家族まで壊してしまう!!(*ノωノ)

 

本当にそう思ってとても怖かった・・ 

 

そんな時、脳というのは無意識でいると必ずネガティブになるということを知りました.

 

意識して思考を選ぶことが大切だということです

 

それからただただ瞬間瞬間”自分自身に寄り添う”ことを意識するようになりました.

 

そのころの私にはプラスに働くような励ましの声かけは無理で、味方するというのも無理でしたから、

ただただ寄り添う、黙ってそばにいる そんな感じでした.

 

ありのままでいいんだよ.

 

そうするしかなかったんだよね

 

段々と言葉をかけられるようになり、誉め言葉をかけられるようになり、

自分の中に味方が出来たころ実家へ行くことが苦痛ではなくなり、

両親への感謝と愛しさが湧くようになりました

 

経験体験をするためにこんな人生を生きたい!と決意して地球に生まれてきたたった一人の私

誰かと比べれば凸凹であっても、本質は美しい魂を持った自分である事

愛で溢れた存在である事を常に思い出していたいと思っています

 

そして宇宙銀行アドバイザーとして、全ての人がそうであることを伝えたいです

ありがとうございました.

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次